徒然じょにっ記

お酒とゲームが大好き。興味があることはやってみよう精神で全身全霊で前進中!

【シャンパン】甘口・辛口を予算別に紹介!家飲みやプレゼントにもオススメ!【スパークリングワイン編】

おはようございます、じょにうぉです。

この記事では、特別な日だからこそ、大切な人と家でまったり食事を楽しみたい
その素敵な日の食事に合わせたいお酒【スパークリングワイン編】としてご紹介させていただきます。

f:id:jyoniblog:20171214160654j:plain

家飲みだけでなく、友人の家で集まるときの手土産に。お酒好きの相手へのプレゼントに。
ちょっとした豆知識と予算別にまとめてみました!



スパークリングワインの豆知識

スーパーなどでも数多く販売されており、コンビニでも取扱があるぐらい人気なお酒。

スパークリング・ワインとは、ブドウを使ったお酒、ワインの一種炭酸ガスを含む発泡性のあるお酒。

コルクを開けたときの、「ポンッ!」という音。
グラスに注ぐとシュワシュワと泡が立ち、強いレモンイエローや淡い黄金色の色合い。

場を盛り上げ特別感を演出してくれるお酒です。

「ワインは飲めないけど、スパークリングワインなら飲める!」という方も多く、
辛口から甘口まで好みに合わせて選べるのもオススメのポイント。

スパークリングワインとシャンパンの違い

意外と知らない方も多いのですが、とっても簡単な違いです。

上記でも説明した通り、スパークリングワインとはワインの一種。
つまり、ビールや焼酎などと同じ「お酒のジャンル」です。

じゃあシャンパンとは?

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインのことを言います。
f:id:jyoniblog:20171214164320g:plain

厳密に言えば、シャンパーニュ地方の特定地域で決められた品種のブドウを使い、シャンパーニュ方式という製造法で作られたスパークリングワインのことです。

ボトルのラベルに「CHAMPAGNE」と記載されているのでシャンパンをお買い求めの際はお間違いのないよう必ずチェック!
f:id:jyoniblog:20171215161513p:plain
ちなみに、シャンパーニュ地方以外の場所でシャンパンと同様に造られるスパークリングワインをクレマン(Crémant)と呼び、「Crémant de」のあとに産地が表記されています。

フランスに限らず、他の国でもスパークリングワインの生産は盛んであり、代表的なものでいうと
スペイン⇒カバ / カヴァ (Cava)
イタリア⇒スプマンテ (Spumante)
ドイツ⇒ゼクト (Sekt)

など、地方によって呼び方が変わるので、上記のスペルを覚えておくと便利です。

スパークリングワインの種類、甘辛の見分け方

「スパークリングワイン」「シャンパン」と聞いたら多くの方が
黄金色やレモンイエローなどの「白泡」を想像するのではないでしょうか?
f:id:jyoniblog:20171216143222j:plain
ですが、他にも「赤泡」「ロゼ泡」と言った色の違うスパークリングワインもあるんです。
赤泡はまだまだ主流ではありませんが、ロゼ泡はポピュラーなものであり、スーパーなどでも販売されています。
f:id:jyoniblog:20171216143615j:plain

ざっくりとした説明ではありますが、ロゼ=バラ色(フランス語)で
通常のスパークリングワインとは違った2種類の醸造方法で造られます。
1つは渋みを出さないようにし、熟成期間中に変色をしないようにする高い技術力を要するもの。
1つはシャンパーニュ地方にのみ許可されている少量の赤ワインをブレンドして色をつける方法です。

ロゼ泡は通常のスパークリングワインよりも手間が掛かるため、価格は少し高めとなっていますが
華やかで美しいピンクやオレンジなどの色合いは特別なイメージがあることから人気な種類となっています。

ロゼスパークリングの銘柄にもよりますが、基本的には香り、味わいともにフルーティー。
まろやかであったり、適度にコクもありバランスが良く様々な食事にも合わせやすいのが特徴です。

次に、甘辛の味わいに関する豆知識ですが

段階 表記 読み
超辛口~辛口 Brut ブリュット
辛口 ExtraSec エクストラ・セック
中辛口 Sec セック
中甘口 DemiSec ドゥミ・セック
甘口 Doux ドゥー

このような表示段階があります。

上記以外にも

段階 表記 読み
超辛口 PasDose パス・ドセ
    ExtraBrut エクストラ・ブリュット
辛口 ExtraDry エクストラ・ドライ
中辛口 Secco セッコ
中甘口 SemiSecco セミ・セッコ
甘口 Dolce ドルチェ

などといった単語がラベルに明記してありますので、購入するときは参考にしてみてください。

スパークリングワインの開け方、飲み方、保存方法

ワインオープナーなんて使ったことないし、持ってないよ!」

その心配は要りません。
むしろ、スパークリングワインを開けるときはオープナーなどの器具を使わないでください!

地域や価格帯によってはスクリューキャップ(ペットボトルのふた)のものもありますが、基本的にはコルク栓になっております。
f:id:jyoniblog:20171216160427p:plain

スパークリングワインを開ける前に2つほど注意点を。

  • ボトルを冷やす。

適温は4~8度
さらに細かく言えば甘口なら4度前後、辛口なら6度から8度が適温になります。
シャンパンクーラー(深めのバケツでも可)に1/3ほど氷と水を張り、その中にボトルを沈めておきます。30分程度で飲み頃の温度となります。
ここで注意点ですが、急速に冷やしたいからと言って冷凍庫に入れるのはNG
風味や品質が損なわれることもありますが、ボトル内のガス圧でビンごと破裂します。

  • ボトルは優しく扱う。

一つ目の注意点でも書かせてもらいましたが、ボトル内にはガス圧がかかっています。
激しく振るなどは絶対にしないでください。もし、ボトルを落としてしまったら中のガス圧が落ち着くまで最低でも1時間は時間を置いた方が良いと思います。
開栓時は人に向けない、ボトルを覗き込むようにして開けない
また、開ける場所の真上などに電球や蛍光灯がないか確認をしてください。


スパークリングワインの開け方ですが、サントリーのホームページで丁寧に説明があったのでこちらの動画をご覧ください。
www.youtube.com
こちらの動画ではナプキンを使って開栓しておりますが、無くても問題はないです。

別記事にて、シャンパングラスをはじめ、保存方法や便利なグッズをまとめてみました!
jyoniblog.hatenablog.com

オススメのスパークリングワイン

予算別に甘口、辛口に分けてご紹介させていただきます。
原産国もフランス、イタリアにこだわらず様々な国のものをリストアップしました。
酒税や関税などで価格に変動がある場合もございます、ご了承ください。

~1,999円

普段お酒を飲まない方にもオススメできるリーズナブルな価格帯。ですが、この価格帯ではフランス(シャンパン含め)を紹介しません。
フランスのものは関税や労働力コストなどがかなり含まれているため、原料のブドウの品質を下げることで低価格になっています。
一方、チリなどはコストを低く済ませることができるので同じ価格でも原料のブドウの品質をあげることができるそうです。

甘口

原産国:イタリア アルコール度数:7.5%
フルーティーで爽やかな味わいとマスカットの豊かな香り。甘みが芳醇。

原産国:スペイン アルコール度数:12%
ピーチを想わせる優しい甘さと、フルーティな味わい。

原産国:オーストラリア アルコール度数:9%  ロゼ泡
心地よく甘いベリーのフルーツフレーバ。軽くフレッシュな味わい。女性にオススメ

辛口

原産国:チリ アルコール度数:12%
青りんごや白い花のアロマに香ばしいアーモンド香。フレッシュな酸味と細やかな泡が特徴。

原産国:ニュージーランド アルコール度数:12% ※スクリューキャップ仕様
ハチミツやレモンを思わせる若々しいアロマ。濃く複雑な味わいでコクがあり、程良いボリューム感。

原産国:スペイン アルコール度数:12%  ロゼ泡
赤い果実を詰め込んだようなフルーティーなアロマ、口に含むと優雅で極めて上品な味わいと余韻を楽しめる辛口。

2,000円~4,999円

この価格帯は、ぶどうの原価率も良く品質が良いものが多く、安定した美味しさ。
価格に応じて種類も豊富になり、甘辛だけでなく酸味やフルーティーさなど品種ごとの味わいの違いも楽しめる。

甘口

原産国:イタリア アルコール度数:7%
マスカットの爽やかなアロマに上品な甘さのある果実味のハーモニー。

原産国:スペイン アルコール度数:12%
厳選された一番搾り果汁を贅沢に使用。心地良い甘味が魅力的。

原産国:オーストラリア アルコール度数:8%  ロゼ泡 ※画像は特別限定ボトル
新鮮なフルーツの風味の中に、イチゴやムスクのほのかな香り。さっぱりとした甘さ。

原産国:フランス アルコール度数:11.5%
氷を浮かべて楽しむ新感覚スパークリングワイン
こちらは白泡ロゼ泡、同価格で二種類あって色によって味、香りが違うので二つ紹介させていただきます。


シャルドネを100%使用した白泡
ピーチやマスカットを想わせる華やかなアロマが心地よくしっかりとした味わいの甘口。

ピノノワールを100%使用したロゼ泡
フレッシュで繊細な泡。エキゾチックな香りを持つ。

辛口

原産国:アメリカ アルコール度数:12%
洋ナシやヘーゼルナッツなど複雑で重層的な香り。リッチな味わいとシャープなキレ。

原産国:イタリア アルコール度数:12.5%
25ヶ月の熟成を経た、豊かで個性的な香りと味わい。
最高の品質を保つためにオレンジ色のUVカットシートでボトルを包んでいるのも特徴。

原産国:イタリア アルコール度数:12%  ロゼ泡
フルーティーでフローラル。コクのある優雅な味わい。
様々な果実の味わいと白い花のような優しい香りが特徴。

原産国:スペイン アルコール度数:11.5%
5年以上の瓶内熟成により、トースト香、クリーミーな味わい、複雑な風味を生み、きめ細やかな泡。
人気ワインコミック「神の雫」でも紹介されて絶大な人気を誇るカヴァ。

原産国:フランス アルコール度数:12%
繊細で豊かな泡が生み出すエレガントな香ばしさと、豊かなフルーツを感じさせる芳醇なのど越し。
世界トップのシャンパンブランドであり、世界中に人々から愛される王道のシャンパン。

原産国:フランス アルコール度数:13%  ロゼ泡
ストロベリーを彷彿させるアロマと口いっぱいに広がる果実味、イースト香、ほどよい渋みが心地よい。

5,000円~9,999円

高級とされるクラス。ぶどうの品種や品質が大きく上がり格別の味わいを楽しめる。
特別なシーンなどの自宅飲みだけでなく、贈り物としてもオススメ。
シャンパーニュ地方(シャンパン)が多めになります。

甘口

原産国:フランス アルコール度数:12.5%
華やかで繊細なアロマとスパイスの香り。
複雑で凝縮したジューシーな果実味や、キャラメルのフレーバー。フレッシュな味わいとみずみずしい余韻。

原産国:フランス アルコール度数:12%  ロゼ泡
野イチゴのジャムの香りに熟れたベリー。甘味がありながらもすっきりと滑らかな口当たり。
有名な菓子職人の助言を得て造られ、マカロンとの相性も絶妙。女性への贈り物にもオススメ

原産国:フランス アルコール度数:12%
常に最先端の感覚をまとう真のラグジュアリーブランド「ヴーヴ・クリコ」
繊細なフルーツのアロマと爽やかな甘味のハーモニーが楽しめる。ホワイトラベルは甘口

辛口

原産国:フランス アルコール度数:12%
甘口でも紹介した「ヴーヴ・クリコ」だが、エローラベルは辛口
心地良い爽やかさとフルーティーなアロマ。モエ・エ・シャンドンと並ぶ王道シャンパン。

原産国:フランス アルコール度数:12%
イギリス皇太子から認証を受ける英国王室御用達のシャンパン。
柑橘類と白い花のような香り、絹のような細かい泡。

原産国:フランス アルコール度数:12%
すがすがしく心地良い果実の香り。熟成がもたらすコクのある深みと複雑な香り。
フレッシュな口当たりとともに、調和のとれたまろやかで繊細な味わい。

原産国:フランス アルコール度数:13%
こちらは白泡ロゼ泡、二種類あって色によって味や香りの違いだけでなく
ボトルデザインが女性に大人気なので、オススメとして二つ紹介させていただきます。

ロゼ泡は辛口ですが、完熟したさくらんぼのようなほんのりした果実の甘味が特徴的です。

白泡はシャルドネという品種を100%使っているため、特有の香ばしい風味と深いコクが特徴的です。

スパークリングワインをもっと楽しむ

ここまでご覧いただきありがとうございました。
後記にも書きますが、この記事で紹介できなかった良質で美味しいスパークリングワインはまだまだあります。

Amazon楽天の2サイトから紹介をさせてもらったのですが、もっと楽しむためには
ワイン専門のショップからご購入されることをオススメします。

ワイン、スパークリングワインに適した保存環境のもと管理されており、配送や梱包もとても丁寧です。
また、ソムリエ監修であったり時期によっては特別セールなんかもあってお得に楽しむことができますよ。

こちらのサイトは六本木に実店舗をおくワインショップとなります。
スタッフ全員がソムリエで、厳選に厳選を重ねたワインをソムリエ自ら販売されているというのも魅力的ですよね。
サイト自体もシンプルで見やすく、酒類だけでなくおつまみの販売やグッズの販売もされています。



こちらのサイトは楽天市場でも人気のネットショップになります。
私自身もよく利用をさせていただくのですが、なんといっても特集やコラム、メルマガなど情報が盛りだくさん
一本ごとに細かな説明や造り手の紹介までされている他に、マリアージュ(料理との相性)も教えてもらえます。


さいごに

ご覧いただきまして、誠にありがとうございました。
今回セレクトした「計25本」のスパークリングワインは私自身が飲んで美味しいと感じたものや
知人のソムリエから教えていただいたものを紹介させていただきました。

「自宅で楽しめる」「プレゼントにも」ということで記事を作成したのですが、『これだっ!』と思える1本に出会えましたでしょうか!

この記事をきっかけにスパークリングワインを好きになっていただけたら幸いです。